令和2年度 済生会二日市 病院指標

  1. 年齢階級別退院患者数
  2. 診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  3. 初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数
  4. 成人市中肺炎の重症度別患者数等
  5. 脳梗塞の患者数等
  6. 診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)
  7. その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)
年齢階級別退院患者数ファイルをダウンロード
年齢区分 0~ 10~ 20~ 30~ 40~ 50~ 60~ 70~ 80~ 90~
患者数 0 56 108 138 290 426 902 1630 1441 553
 筑紫野市の人口は年々増加(平成30年時点で10万人超え)であり、周辺都市及び福岡県と比較して人口伸び率が大きい傾向にあります。特に、65歳の高齢者が占める割合が年々増加傾向にある事も関連していると思われます。
 当院は、紹介型の病院であり幅広い年齢層の患者さんにご利用頂いていますが、産科・小児科を標榜しておりません。従って、0歳~20歳未満の患者さんの入院は疾患(鼠径ヘルニア,皮膚疾患,感染性腸炎など)に限定されてしまい他の年齢層に比べて少ない現状です。
 また、JR二日市駅・西鉄二日市駅からの路線バスやコミュニティバスがあり、当院玄関前ロータリーで下車できるなどアクセスにも恵まれています。筑紫野市だけではなく、太宰府市・大野城市・春日市からも来院して頂いています。
診断群分類別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060100xx01xxxx 小腸大腸の良性疾患(良性腫瘍を含む。) 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術 127 3.16 2.66% 0.00 67.41
10007xxxxxx1xx 2型糖尿病(糖尿病性ケトアシドーシスを除く。) 手術・処置等2-1あり 65 15.35 13.57% 10.77 67.28
030400xx99xxxx 前庭機能障害 手術なし 54 4.70 4.94% 3.70 76.20
161020xxxxx00x 体温異常 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 40 3.38 6.10% 0.00 70.23
060102xx99xxxx 穿孔又は膿瘍を伴わない憩室性疾患 手術なし 32 8.69 7.74% 0.00 66.16
内科の上位5位までの疾患の指標。
呼吸器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
040081xx99x0xx 誤嚥性肺炎 手術なし 手術・処置等2-なし 55 19.51 20.51 56.36% 85.07
040040xx9910xx 肺の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等1-あり 手術・処置等2-なし 52 4.35 3.39 1.92% 71.69
040110xxxxx0xx 間質性肺炎 手術・処置等2-なし 44 21.05 18.61 20.45% 77.89
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 18 15.50 13.00 33.33% 86.67
0400801499x002 肺炎等(市中肺炎かつ75歳以上) 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 18 12.33 15.71 5.56% 81.06
呼吸器内科の上位5位までの疾患の指標。
循環器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
030250xx991xxx 睡眠時無呼吸 手術なし 手術・処置等1-あり 101 2.00 2.04 0.00% 59.38
050130xx9902xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-2あり 77 20.92 24.18 18.18% 83.95
050070xx01x0xx 頻脈性不整脈 経皮的カテーテル心筋焼灼術 手術・処置等2-なし 73 4.05 4.95 0.00% 65.97
050130xx9900xx 心不全 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 73 17.56 17.23 10.96% 84.95
050210xx97000x 徐脈性不整脈 手術あり 手術・処置等1-なし、1,3あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 50 13.34 10.56 12.00% 81.80
循環器内科の上位5位までの疾患の指標。
外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
060160x001xxxx 鼠径ヘルニア(15歳以上) ヘルニア手術 鼠径ヘルニア等 46 7.67 4.86 0.00% 67.45
060020xx99x3xx 胃の悪性腫瘍 手術なし 手術・処置等2-3あり 43 4.12 6.36 0.00% 67.40
060210xx99000x ヘルニアの記載のない腸閉塞 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 41 9.98 9.08 7.32% 68.71
060335xx02000x 胆嚢炎等 腹腔鏡下胆嚢摘出術等 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 40 7.88 7.23 0.00% 60.23
060150xx03xxxx 虫垂炎 虫垂切除術 虫垂周囲膿瘍を伴わないもの等 35 6.49 5.44 0.00% 38.14
外科の上位5位までの疾患の指標。
整形外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160800xx01xxxx 股関節・大腿近位の骨折 人工骨頭挿入術 肩、股等 146 25.99 25.09 77.40% 83.76
160690xx99xxxx 胸椎、腰椎以下骨折損傷(胸・腰髄損傷を含む。) 手術なし 56 17.95 18.81 78.57% 83.11
160760xx97xx1x 前腕の骨折 手術あり 定義副傷病-あり 26 9.81 8.45 11.54% 75.69
160980xx99x0xx 骨盤損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 19 16.74 19.06 84.21% 83.84
070343xx99x0xx 脊柱管狭窄(脊椎症を含む。) 腰部骨盤、不安定椎 手術なし 手術・処置等2-なし 19 14.63 13.34 47.37% 77.26
整形外科の上位5位までの疾患の指標。
脳神経外科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
160100xx97x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 その他の手術あり 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 20 8.90 9.68 20.00% 82.80
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし 16 15.19 15.64 43.75% 71.88
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 14 10.50 8.18 14.29% 72.86
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 10 15.90 18.86 60.00% 66.30
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2-なし - - 6.36 - -
脳神経外科の上位5位までの疾患の指標
脳神経内科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
010060x2990401 脳梗塞(脳卒中発症3日目以内、かつ、JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-4あり 定義副傷病-なし 34 14.68 15.64 50.00% 73.09
010230xx99x00x てんかん 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 31 7.68 7.48 25.81% 68.61
160100xx99x00x 頭蓋・頭蓋内損傷 手術なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 28 8.68 8.18 21.43% 69.82
010061xxxxx0xx 一過性脳虚血発作 手術・処置等2-なし 21 8.62 6.36 4.76% 74.29
010040x099000x 非外傷性頭蓋内血腫(非外傷性硬膜下血腫以外)(JCS10未満) 手術なし 手術・処置等1-なし 手術・処置等2-なし 定義副傷病-なし 19 14.95 18.86 63.16% 73.00
脳神経内科の上位5位までの疾患の指標。
泌尿器科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
110420xx02xx0x 水腎症等 経尿道的尿管ステント留置術等 定義副傷病-なし 46 5.02 4.13 17.39% 77.11
110310xx99xxxx 腎臓又は尿路の感染症 手術なし 36 14.22 13.00 25.00% 75.14
11012xxx020x0x 上部尿路疾患 経尿道的尿路結石除去術 手術・処置等1-なし 定義副傷病-なし 32 10.16 5.67 6.25% 68.84
11012xxx97xx0x 上部尿路疾患 その他の手術あり 定義副傷病-なし 26 10.88 7.26 7.69% 66.42
110070xx03x0xx 膀胱腫瘍 膀胱悪性腫瘍手術 経尿道的手術 手術・処置等2-なし 25 9.08 7.13 4.00% 72.68
泌尿器科の上位5位までの疾患の指標。
皮膚科
DPCコード DPC名称 患者数 平均
在院日数
(自院)
平均
在院日数
(全国)
転院率 平均年齢 患者用パス
080020xxxxxxxx 帯状疱疹 38 8.84 9.12 2.63% 66.63
080010xxxx0xxx 膿皮症 手術・処置等1-なし 24 10.21 12.87 4.17% 74.54
080006xx01x0xx 皮膚の悪性腫瘍(黒色腫以外) 皮膚悪性腫瘍切除術等 手術・処置等2-なし - - 7.71 - -
100100xx97x1xx 糖尿病足病変 手術あり 手術・処置等2-あり - - 44.59 - -
080030xxxxxxxx 疱疹(帯状疱疹を除く。)、その類症 - - 7.98 - -
皮膚科の上位5位までの疾患の指標。
初発の5大癌のUICC病期分類別並びに再発患者数ファイルをダウンロード
初発 再発 病期分類
基準(※)
版数
Stage I Stage II Stage III Stage IV 不明
胃癌 24 - 12 64 - 17 1 7,8
大腸癌 15 36 40 100 18 52 1 7,8
乳癌 - - - - - - 1 8
肺癌 - - 12 30 - - 1 7,8
肝癌 - - - - - 24 1 7,8
※ 1:UICC TNM分類,2:癌取扱い規約
 現在日本で最も罹患率の高い5つのがんの病期(ステージ)ごとの症例数を集計したものです。がんの症例数を調べることで、その病院がどの程度がん治療に積極的に治療しているかを知ることができます。また病期分類別にみることで、その病院の診療の幅広さを知ることができます。
 当院は幅広いがんを積極的に診療しており、手術だけでなく化学療法も行っております。特に、「肝および肝内胆管の悪性新生物」については、肝動脈塞栓術や経皮的ラジオ波焼灼術など外科的手術に比べ負担が軽い治療を行っています。「胃・結腸の悪性新生物」に対しても早期発見の場合、内視鏡下に切除する事も可能です。
成人市中肺炎の重症度別患者数等ファイルをダウンロード
患者数 平均
在院日数
平均年齢
軽症 - - -
中等症 58 14.78 79.17
重症 19 20.47 87.47
超重症 18 14.67 86.39
不明 - - -
平成25年度の日本死因順位別死亡数の年次推移では、肺炎は第3位となっています。当院で最も多い症例は「重症度1」です。重症度は、A-DROPシステムと言う肺炎の重症度分類に用いられる評価項目で表したものになります。その評価項目の1つに、男性70歳以上・女性75歳以上の方が発症された場合に該当し、この内容から高齢者の多くが発症していることが分かります。「重症度0」は、抗生剤等による外来通院でも可能な症例もありますが、高熱や胸水貯留など合併症を発症する可能性がり入院にて治療を行っています。
脳梗塞の患者数等ファイルをダウンロード
発症日から 患者数 平均在院日数 平均年齢 転院率
3日以内 183 17.22 76.13 48.63%
その他 17 21.59 74.47 47.06%
 脳梗塞の患者さんについて、患者数、平均在院日数、平均年齢、転院率を集計したものです。脳血管疾患も死亡原因の上位に位置する疾患です。
 当院で脳梗塞の治療をされる場合、多くは発症後3日以内に治療開始しています。脳梗塞は早期に治療を行うことが効果的とされているため多くは「エダラボン」投与にて治療を開始します。脳梗塞になると、障害された脳細胞や血管から、フリーラジカル(活性酸素)が発生します。脳梗塞の脳内では、このフリーラジカルがさらに脳細胞を破壊し、別の血栓を作るとされています。脳保護療法は、「エダラボン」を使用しフリーラジカルを除去、脳の障害を防ぐことにより、脳梗塞の後遺症を軽くしようというものです。また当院では、入院当日又は入院翌日から早期のリハビリテーションを開始し、早期の退院・転院につながるよう努めております。
診療科別主要手術別患者数等(診療科別患者数上位5位まで)ファイルをダウンロード
内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K7211 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm未満) 130 0.82 2.22 0.00% 66.87
K6871 内視鏡的乳頭切開術(乳頭括約筋切開のみ)、内視鏡的乳頭拡張術 29 2.86 8.41 17.24% 75.07
K7212 内視鏡的大腸ポリープ・粘膜切除術(長径2cm以上) 21 0.19 3.76 4.76% 72.19
K654 内視鏡的消化管止血術 19 0.47 10.00 10.53% 68.84
K688 内視鏡的胆道ステント留置術 18 1.72 10.44 0.00% 78.94
内科の上位5位までの手術の指標。
呼吸器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K6182 中心静脈注射用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
K654 内視鏡的消化管止血術 - - - - -
K5131 胸腔鏡下肺切除術(肺嚢胞手術(楔状部分切除)) - - - - -
K496-4 胸腔鏡下膿胸腔掻爬術 - - - - -
K488-3 胸腔鏡下試験開胸術 - - - - -
呼吸器科の上位5位までの手術の指標。
循環器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K5493 経皮的冠動脈ステント留置術(その他) 66 5.32 5.09 3.03% 73.82
K5951 経皮的カテーテル心筋焼灼術(心房中隔穿刺、心外膜アプローチ) 58 1.00 2.09 0.00% 66.90
K5972 ペースメーカー移植術(経静脈電極) 34 4.68 10.94 8.82% 80.85
K5491 経皮的冠動脈ステント留置術(急性心筋梗塞) 28 0.00 13.50 3.57% 69.57
K5492 経皮的冠動脈ステント留置術(不安定狭心症) 23 0.00 12.39 8.70% 70.26
循環器科の上位5位までの手術の指標。
外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K672-2 腹腔鏡下胆嚢摘出術 49 2.06 5.88 0.00% 62.39
K616 四肢の血管拡張術・血栓除去術 44 2.27 5.86 6.82% 72.91
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) 39 0.95 5.03 2.56% 67.82
K634 腹腔鏡下鼠径ヘルニア手術(両側) 35 1.03 3.94 0.00% 65.94
K718-21 腹腔鏡下虫垂切除術(虫垂周囲膿瘍を伴わないもの) 34 0.91 4.53 0.00% 38.62
外科の上位5位までの手術の指標。
整形外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0461 骨折観血的手術(上腕)(大腿) 120 5.14 18.48 66.67% 84.45
K0811 人工骨頭挿入術(股) 56 5.38 23.38 83.93% 80.66
K0462 骨折観血的手術(前腕)(下腿) 55 2.33 10.45 20.00% 62.80
K0463 骨折観血的手術(鎖骨)(膝蓋骨)(足) 20 3.10 14.65 20.00% 62.55
K0483 骨内異物(挿入物を含む)除去術(前腕)(下腿) 14 1.50 4.86 7.14% 55.79
整形外科の上位5位までの手術の指標。
脳神経外科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K164-2 慢性硬膜下血腫洗浄・除去術(穿頭) 22 1.18 9.50 40.91% 78.50
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
K609-2 経皮的頸動脈ステント留置術 - - - - -
K6092 動脈血栓内膜摘出術(内頸動脈) - - - - -
K1643 頭蓋内血腫除去術(開頭)(脳内) - - - - -
脳神経外科の上位5位までの手術の指標。
脳神経内科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K178-4 経皮的脳血栓回収術 - - - - -
K386 気管切開術 - - - - -
K664 胃瘻造設術(経皮的内視鏡下胃瘻造設術、腹腔鏡下胃瘻造設術を含む) - - - - -
K178-31 経皮的選択的脳血栓・塞栓溶解術(頭蓋内脳血管) - - - - -
K1781 脳血管内手術(1箇所) - - - - -
脳神経内科の上位5位までの手術の指標。
泌尿器科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K783-2 経尿道的尿管ステント留置術 82 0.95 5.67 14.63% 73.74
K8036イ 膀胱悪性腫瘍手術(経尿道的手術)(電解質溶液利用) 34 1.21 6.47 2.94% 71.06
K7811 経尿道的尿路結石除去術(レーザー) 24 1.71 7.83 8.33% 66.63
K7812 経尿道的尿路結石除去術(その他) - - - - -
K6113 抗悪性腫瘍剤静脈内持続注入用植込型カテーテル設置(頭頸部その他) - - - - -
泌尿器科の上位5位までの手術の指標。
皮膚科
Kコード 名称 患者数 平均
術前日数
平均
術後日数
転院率 平均年齢 患者用パス
K0072 皮膚悪性腫瘍切除術(単純切除) - - - -
K0053 皮膚、皮下腫瘍摘出術(露出部)(長径4cm以上) - - - - -
K0871 断端形成術(骨形成を要する)(指) - - - - -
K0302 四肢・躯幹軟部腫瘍摘出術(足) - - - - -
K0132 分層植皮術(25cm2以上100cm2未満) - - - - -
皮膚科の上位5位までの手術の指標。
その他(DIC、敗血症、その他の真菌症および手術・術後の合併症の発生率)ファイルをダウンロード
DPC 傷病名 入院契機 症例数 発生率
130100 播種性血管内凝固症候群 同一 - -
異なる 22 0.40%
180010 敗血症 同一 17 0.31%
異なる 25 0.45%
180035 その他の真菌感染症 同一 - -
異なる - -
180040 手術・処置等の合併症 同一 18 0.32%
異なる - -
入院時の代表的な合併症の症例数、発生率
更新履歴
2016/09/26
病院指標ページを公開。
平成27年度の指標を掲載。
2016/11/04
コメントを一部修正。
2017/09/28
平成28年度の指標を掲載。
数値を一部変更。
2018/09/28
平成29年度の指標を掲載。
2017/09/28の更新履歴を訂正。(平成27年度→平成28年度)
2019/09/25
平成30年度の指標を掲載。
2020/09/29
令和元年度の指標を掲載。
2021/09/21
令和2年度の指標を掲載。
2021/09/30
数値を一部修正。