診療科・部門のご紹介

形成外科のご紹介

スタッフ紹介

非常勤医師
医 員 范 綾
医 員 姉川 美奈

一般の方、開業医の先生方へ

形成外科は、創傷治癒が専門です。一般的な外傷も、初期診療から形成外科で診察させていただく事で、最終的な傷あとをきれいにできる場合があります。なかなか治らない、治りにくい傷も形成外科で治療する事で改善の見込みがあります。その他に、体表面の変形や醜形(外傷、奇形、傷跡、老化に伴う変化など)を主に手術によって改善することで、生活の質(QOL)を高めることも目的としています。治療の対象とする部位は全身の多岐にわたります。
具体的には次のとおりです。

(1) 顔面外傷、顔面骨骨折(新鮮例と陳旧性骨折)、その他の新鮮外傷
(2) 傷跡のひきつれ、痒み、痛みなど(瘢痕拘縮、肥厚性瘢痕、ケロイド)
(3) 良性皮膚腫瘍;母斑、血管腫、粉瘤、脂肪腫など
(4) 熱傷(やけど)
(5) 褥瘡、難治性潰瘍(なかなか治らない傷)
(6) 口唇裂、口蓋裂、先天性眼瞼下垂、耳介変形、手足の先天異常(合指症、多指症など)、その他の体表の異常;臍変形(臍突出、欠損など)、胸郭の変形(漏斗胸、鳩胸)など
(7) 眼瞼下垂症
(8) 陥入爪(巻き爪)
(9) 腋臭症(わきが)