診療科・部門のご紹介

放射線科のご紹介

スタッフ紹介

顧問
氏  名 西村 浩
出身大学 昭和55年 久留米大学卒 医学博士
専門分野 放射線科
資  格 久留米大学医学部客員教授
日本医学放射線学会放射線診断専門医/研修指導者
部長
氏  名 岩本 良二
出身大学 平成12年 琉球大学卒
専門分野 放射線科
資  格 日本医学放射線学会放射線診断専門医/研修指導者
日本インターベンショナルラジオロジー学会IVR専門医
医長
氏  名 横地 美哉
出身大学 平成18年 久留米大学卒
専門分野 放射線科
資  格 日本医学放射線学会放射線診断専門医
非常勤医師

久原 麻子(放射線診断専門医、専門分野:全般)月曜日午前

松田 晃寛(放射線科専門医、専門分野:全般)火曜日

近末 智雅(放射線科専門医、専門分野:全般)水曜日午前

内山 雄介(久留米大学放射線科准教授、放射線診断専門医、専門分野:神経)水曜日午後

佐土原 順子(放射線診断専門医、専門分野:胸部)水曜日午後

長田 周治(久留米大学放射線科講師、放射線診断専門医、専門分野:骨軟部)木曜午後

金子 恒一郎(放射線診断専門医、専門分野:RI)毎週不定期

一般の方、開業医の先生方へ

当院の放射線科は、2004年10月に常勤1名でスタートし(それ以前は非常勤体制)、2005年4月より常勤2名体制となり、2006年10月より外来診療を正式に開始しました。当院における放射線科の業務はCTやMRIの画像診断を行う診断部門、放射性医薬品を用いて脳や心臓の機能、悪性腫瘍の転移などを調べる核医学(RI)部門、画像下治療(インターベンション)から構成されています。当院では画像診断と画像下治療を2階の画像センターで行っており、核医学(RI)検査は地下1階のRI室で行っています。患者さんの立場に立ち、できるだけ低侵襲(体に優しい)な検査で、病気に関する有益な情報を効率的に患者さんや担当医に提供できるように努めています。

画像下治療はX線透視下で血管内に造影剤を流すことで血管の描出を可能にする血管造影装置を用いて様々な病気の治療を行うもので対象疾患は多岐にわたります。当院では他科の医師(脳外科、循環器内科、消化器内科、腎臓内科、血管外科など)と15名の診療放射線技師が協力して業務を行っています。

画像診断に関してはCTやMRIで全身の検査を行っていますが、専門分野のひとつである軟部腫瘍をはじめとした腫瘍診断には特に力を入れています。なお、診断部門については日本医学放射線学会の放射線科専門医修練機関に認定されています。

CT検査について

当院では2017年8月末より320列CT装置(Canon社製)が稼働しています。旧型のスキャナーに比べて被曝のより少ない、高画質な画像がより短時間に撮影でき、救急疾患をはじめあらゆる病気の診断に威力を発揮しています。

また多彩なアプリケーション導入により骨や金属からのアーチファクト除去や腹部臓器(嚢胞腎など)の容量計測、内蔵脂肪/皮下脂肪の体積表示などができるようになりました。

MRI検査について

MRI装置は3.0テスラ機と1.5テスラ機の2台体制(ともにPhilips社製)で、最新のアプリケーションソフト(例:頚椎や腰椎の神経根の描出が可能な「Nerve VIEW」)導入などアップデートも可能な限り行って、より詳細で良好な画像が提供できるように努めています。また当院はMRI対応ペースメーカーを装着された方に対するMRI検査も実施しています。この場合は条件付きMRI対応ペースメーカーの事前確認が必要となりますので放射線部までご相談下さい。

核医学(RI)検査について

従来は全身用装置1台で検査していましたが、2016年より心臓核医学専用機(D-SPECT)が稼働しており、現在は2台体制でより効率的な運用を行っています。

全身用装置では前立腺癌の骨転移検索、認知症診断や頸動脈狭窄の影響を調べるための脳血流検査などを主に行っています。