健康講座参加のご案内

  1. TOP
  2. 健康講座参加のご案内

健康講座ご参加のご案内

当院では地域の中核病院として、高度医療の推進・地域医療への貢献を目標として一般の方を対象として院外にて健康講座・院内にて健康教室を行っております。どなたでもご参加できますので、お気軽にご参加ください。

①健康講座(院外)

※各健康講座の詳細、日程は上記リンクをクリックしてください。

場  所 筑紫野市 パープルプラザ
太宰府市 いきいき情報センター
参加料金 無料
参加申込 不要
開催時間 15時~16時(1時間程度)

 

②健康教室(院内)

※各健康教室の詳細、日程は上記リンクをクリックしてください。

心臓病教室

心臓病に興味がある方は、どなたでも参加できます。 医師・看護師・栄養士・薬剤師による講義形式。患者さん・ご家族の方、お気軽にご参加ください。

心臓病教室の一環として、健康料理教室も開催しております。

 ※食材の発注がありますので第5回で〆切ります。申込書は病棟・外来・教室等で準備しています。

 ※心臓病教室のテキストを準備しております。興味のある方は頒布しておりますので4階看護師にお尋ねください。

     (1冊¥1,000)

 ※第7回目は予約制です。詳しくは、4階看護師に尋ねてください。

呼吸器病教室
肺炎などの呼吸器疾患患者は比較的高齢であり、入院を繰り返す傾向にあります。また、WHOによると、今後死亡順位も第3位になるといわれています。
当院では、入院患者・家族を問わず呼吸に関心を持って頂き、予防意識を高める目的で、呼吸器病教室を開催しております。
ご家族やお友達もお誘いのうえお気軽にご参加ください。
糖尿病教室
当院では、入院されている患者さん・一般の方でも参加できる糖尿病教室を開催しています。2週間で1サイクルとし、火・木・金曜日に糖尿病内科医師、日本糖尿病療養指導士・福岡県糖尿病療養指導士などの専門スタッフによる糖尿病教室を開催しています。みなさま気軽にご参加ください。
救急救命処置講習
目の前で人が急に倒れたとき、それが心停止によるものならば、何もしないと1分毎に約10%ずつ生存の可能性が失われていきます。
その場に居合わせた人が救命処置の講習を受けていれば、命を守るために先ずしなければならない処置を施すことができ、約6分後には救急車が助けに来てくれます。 居合わせた人が行う迅速な心肺蘇生は、心肺停止患者の生存に関して他のどのような処置にもまして決定的な力があります。
救命処置には、医療関係者でない一般の方でも行える一次救命処置(BLS:Basic Life Support)と医療関係者が行う二次救命処置(ACLS:Advanced Cardiovascular Life Support)があります。 これらBLS・ACLSを学んでいただく講習では、人形を使い、不整脈のシュミレーターを用いて実際に何度も体を使って心肺蘇生を体験していただきます。
現在当院では、BLSの講習を毎週金曜日に行われている心臓病教室の第6回目の講義で患者さんとご家族向けに行っております。BLS講習では人工呼吸・心臓マッサージによる心肺蘇生法から除細動(いわゆる電気ショック)まで行う訓練を受けていただきます。BLS講習は都合により受講者数に制限を設けております。受講ご希望の方は4階病棟看護師もしくは内科外来看護婦までお尋ね下さい。
医師・看護師その他の病院スタッフに対してはACLS講習を行っております。実際の心肺蘇生の臨床現場を再現し、アメリカ心臓協会が推奨する国際標準の方法で気管挿管・薬剤投与・除細動といった高度な救命処置法を繰り返し行います。患者さんに安心していただけるよう一層のスタッフのレベル向上を目指しております。